EXE 車両の魅力
EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力
Bentley Continental GT Bentley Continental GTC Bentley Flying Spur
     
EXE 車両の魅力    
Bentley Mulsanne    
EXE 車両の魅力
ベントレーコンチネンタルGT、フライング・スパーに続く、新世代ベントレー・コンチネンタル・シリーズの第3弾として、 2+2座のラグジュアリー・コンバーチブルが登場したベントレーからの車、GTC。
GTはコンチネンタルRの後継となる2+2の4シータークーペであり、 GTCはGTをベースとした4シーターのオープンカーである。
スーパースポーツはGTおよびGTCをベースにチューンアップし軽量化した2-4シーターのクーペおよび 4シーターのオープンカーである。
2011年9月、新型コンチネンタルGTCをフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた ベントレーモデルの「GTC」です。
EXE 車両の魅力
エクステリアはブライトウェア全てに独特なダークスモークドスチール仕上げを施し、50mm幅が増したリアト レッドに対応するために大きく張り出したリアフェンダーは、新デザインを採用したことで力強さを強調しています。
これにより、コンチネンタルクーペシリーズよりひときわ目を引くスポーツスタイルとなりました。
GTをチューンアップし軽量化したエンジンは 最高出力610ps、最大トルク76.5kgmを発生し、最高時速は326km/h(202mph)に達します。
また、グリルの塗装やマフラーなどエクステリアにも若干の変更を受けている。 見た目からして、このコンチネンタルGTCは、2+2座のラグジュアリー・コンバーチブルらしからぬ、 ロードスターみたいな雰囲気をもっています。
それはどうやら、ソフト・トップの天地がかなり薄めになっていることから来ているようで、 実は、Aピラー自体、コンチネンタルGTのものより、1.5度ほど寝ています。
そのAピラーも含めて、クーペとは異なるボディ・パーツは全体の51%。フロントまわりこそ共通だが、Aピラーも含めてそれよりうしろは、まったく別物だと言えま。
EXE 車両の魅力
インテリアもカーボンファイバーとアルカンターラを用いて、スポーティかつ現代的な印象に仕上げられました。
カーボンのクラムシェル型リアパネルを備えた全く新しいライトウェイトスポーツシートを特徴とする 完全な2シーターと、ベントレーのクラフトマンの手による最高級のレザーとブライトウェア、 伝統のウッドパネルに代わったカーボン製のパネルが独特の雰囲気を醸し出しています。
オプションにより、4シーターにすることも可能。 その居心地のいい応接室を思わせるキャビンに乗り込む。ドアを閉める時には、下品にバタンとやる必要はなく、 フワッと閉めれば、あとはオート・クロージャー機構がロックするところまで引き込んでくれます。
エンジンの始動はステアリングの左側にあるキイを捻っても、 あるいはセンター・コンソールのエンジン・スタート・ボタンを押しても可能です。
ふたつのターボ・チャージャーを持った6リッターW12ユニットは、かなり大きな音を立てて目を覚ます。
クーペでは、こんなに大きな音がした記憶はないから、あるいはコンバーチブルならではの排気音の演出が なされているのか。回転数を上げると、かなり迫力ある低音があたり一面に響きわたります。
ページトップ
Copyright © Executive All Rights Reserved.