EXE 車両の魅力
EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力
Bentley Continental GT Bentley Continental GTC Bentley Flying Spur
     
EXE 車両の魅力    
Bentley Mulsanne    
EXE 車両の魅力
フライングスパーの実力は、4ドアでありながら、最高速度312km。フライングスパーのモデル名は、2005年、ベントレー・コンチネンタルGTの4ドアバージョンという形で復活を果たしました。新しいフライングスパーも、以前のフライングスパー同様、最速の4ドアセダンとして その伝統に恥じないものを目指したモデルです。
新フライングスパーは6速ATを装備し、6リッター・552馬力のパワーを誇るツインターボ付きW型12気筒エンジンによって最高速度は312kmに達します。他社ライバル車に付いている250km/hリミッ ターはこのフライングスパー、付いていません。フライングスパーはコンチネンタルGT同様、プラットフォームをはじめとする メカニズムの多くをフォルクスワーゲン・フェートンと共用しており、四輪駆動が標準装備されています。
EXE 車両の魅力
フライング・スパーのオーナーは、80%が自分でドライブするけれど、20%がショーファーも使っているといいます。
ということもあって、今回の改良ではまずもって静粛性の向上が図られています。 街中走行時のフライング・スパーのキャビン騒音はロード・ノイズが60%、排気音が30%を占めていました。 そこで3層構造の遮音材を用いるなどでロード・ノイズをカットし、排気音もキャラクターを失うことなく低めることに成功。
高速走行時の騒音の40%を占める風切り音を下げるため、「アコースティック・グラス」と呼ばれる防音ガラスを サイドとリアに採用。ピレリ謹製19インチ・タイヤも低騒音に貢献しているという。
実際、室内はたいそう静かで、アクセル・ペダルを踏み込んでもW12は厳かに遠くで唸るのみ。
サルーン・カーなのにGTみたいに豪快なスピードも魅力的だが、今回私はそれより、 最高速で10km/h遅いだけでしっとり控えめな560により惹かれた。 このフライングスパー、「じつはすごいんです。」というのが隠微でステキです。
EXE 車両の魅力
ベントレーフライングスパーという車は、「ひときわ目を引くスポーツスタイルのセダン」。
インテリアもカーボンファイバーとアルカンターラを用いて、スポーティかつ現代的な印象に仕上げられています。
カーボンのクラムシェル型リアパネルを備えた全く新しいライトウェイトスポーツシートを特徴とする完全な2シーターと、ベントレーのクラフトマンの手による最高級のレザーとブライトウェア、 伝統のウッドパネルに代わったカーボン製のパネルが独特の雰囲気を醸し出しています。音楽はまろやかなサウンドで、ちょっとビックリすると思います。
外観の変更点は軽微で、主に前後バンパーとライトまわりのベゼルに絞られています。
特にフロント・バンパーは造形がより立体的になり、シャープさを微妙に増しており、 面積が増えた下部グリルのデザインはコンチGTと共通しています。
このフライングスパー。とてもおしゃれでひときわ目を引くスポーツスタイル。ぜひ、ご堪能くださいませ。
ページトップ
Copyright © Executive All Rights Reserved.