EXE 車両の魅力
EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力
Lamborghini Aventador LP 700 Lamborghini Murcielago Lp640 Lamborghini Gallardo 560
EXE 車両の魅力
2010年をもって生産が終了したランボルギーニ・ムルシエラゴの後継車種として、2011年3月1日より 開催されたジュネーヴショー2011にて正式に発表された。会場で披露されたのはオレンジ、ライトグレー、 マットホワイトの3色。フロントやリア周りの意匠は、2007年に公開されたムルシエラゴ・ベースの 限定車レヴェントンと、2008年に公開されたコンセプトカー・エストーケと共通性を感じさせるものと なっている。 カーボンファイバーモノコックを採用し、サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは 新設計のV12となっている。トランスミッションはマニュアルを廃止しセミオートのみとなった。 (メーカーとしても性能向上のためこの車種以降マニュアルは搭載しない考えである)

2011年11月29日、ランボルギーニ ジャパンは東京都の国立霞ヶ丘競技場で記者発表会を開催した。 研究開発担当ディレクターであるマウリツィオ・レジャーニ氏は「アヴェンタドールは競合他社の2世代先を行くもの。すべての内容を再定義した。過去からのものをすべて否定し、ゼロベースで作った」と、 エンジン、トランスミッション、サスペンション、ボディーのすべてが新開発であることをアピールした。 2012年、ジュネーヴショーにおいてオープントップのワンオフモデル「アヴェンタドールJ」が発表された。

ショー終了後に「幸運なオーナー」の許へ届けられる。
「J」はたった1台のみ製作され、後に事故で 喪失したランボルギーニ・イオタに由来する。先代のムルシエラゴにはロードスターが設定されていたが、 量産モデルとなるか、また「J」とは異なるスタイルで登場するか現時点では明らかにされていない。

革新技術を集めたすばらしいパッケージはユニークで、その性能は圧倒的です」と、 アウトモビリ・ランボルギーニの社長兼最高経営責任者(CEO)のステファン・ヴィンケルマンは述べています。

「アヴェンタドールは、デザインと技術の両面で、二世代を飛び越えたクルマです。
これはまったく新しいプロジェクトの結果生まれたものですが、同時にランボルギーニのブランドバリューを 直接、そして一貫して継承するクルマなのです。極限のデザインとパフォーマンスを実現し、 品質基準と技術面においては一切の妥協を排し、そのスタイルと完成度はまぎれもなくイタリアンです。

ダイナミクスと技術的な優秀性を備えたアヴェンタドールLP 700-4 のライバルたりえるクルマは、 スーパー・スポーツカーの世界のどこにも存在しません。
アヴェンタドール:勇敢な雄牛の名|Trophy of the Rock The Madronera
伝統に基づき、ランボルギーニの新しいフラッグシップ・モデルには雄牛の名前が付けられました。
スペイン闘牛の世界で、その勇猛さが知られた牛です。1993 年10 月にサラゴサ闘牛場に登場したアヴェンタドールは、その勇気に対して「Trofeo de la Pena La Madronera」が授与されました。

究極のダイナミクスを表現した彫刻のようなデザイン。
ランボルギーニにとって、デザインとは常にアグレッシブなパワーの美しさや、 息を呑むダイナミクスのエレガンスを表現することを意味します。
一目見たときから、アヴェンタドールはランボルギーニのクルマだと分かるでしょう。
この特徴的なランボルギーニ・ブランドのデザイン言語を身に纏ったアヴェンタドールは、 きわめてパワフルなプロポーション、正確なラインと精密な表面、細部に宿る緊張感を備えた力強さを 備えたクルマに仕上がっています。チェントロスティーレ・ランボルギーニに在籍するデザイナー陣は、 アヴェンタドールに斬新なエッジを持たせるため、そのデザイン言語を注意深く開発してきました。

それは、鋭く研ぎ上げられたフロント・エンドから、きわめて低いルーフライン、そしてリヤで目を惹く ディフューザーに至るアバンギャルドな芸術、信じられないほどダイナミックな彫刻ともいえる造形です。ラインにはすべて明確な機能があり、あらゆる形状はスピードのためのニーズにより定められています が、全体的なスタイルはまさに鮮烈で息を呑むものです。
EXE 車両の魅力
40年を超えるランボルギーニの歴史、それはまた、伝説のV型12気筒エンジンの歴史です。
サンタアガタ・ボロニェーゼの工場で職人が手塩にかけて作るエンジンは、バランス良く、縦置きにミッドマウントされる。ランボルギーニの伝説の容赦のない原動力であり、クルマとブランドを推進する力となっています。

高回転型エンジン、驚きのサウンド アヴェンタドールLP 700-4 用として、ランボルギーニ研究開発部のエンジニアは、 まったく新しい高性能パワー・ユニットを開発しました。
きわめてパワフルで高回転型ながら、 とてもコンパクトなパワー・ユニットです。重量は235kg と、非常に軽量です。 8,250rpm で515kW(700ps)を発生するこのV12 は、スーパー・スポーツカーの世界に新しいベンチ マークを打ち立てます。
最大トルクは5,500rpm で発生する 690Nm(509 lb-ft)です。 きわめて滑らかなトルクカーブ、あらゆる場面で発生する猛牛のようなパワー、自然なレスポンス、 そして細かく調整を受けながらも極めてエモーショナルなサウンドにより、このエンジンは世界の最高ランクに 位置する驚愕のパワープラントとなっています。
EXE 車両の魅力
ページトップ
Copyright © Executive All Rights Reserved.