EXE 車両の魅力
EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力
Rolls-Royce Wraith Rolls-royce Ghost Rolls-royce Phantom Drophead Coupe
EXE 車両の魅力    
Rolls-Royce Phantom    
EXE 車両の魅力 EXE 車両の魅力    
Maybach    
EXE 車両の魅力
「ファントム」は、ロールス・ロイスの上級サルーンの名称として1929年から1991年まで使用されて おり、このロールス・ロイス・モーターカーズによる「ファントム」にも、パルテノン神殿をモチーフ としたとも言われる大型のラジエーターグリルを始めとする特徴的なデザインが引き継がれています。また、かつてのロールスロイス車にもみられたコーチドア(観音開き)が採用されている。車室内インテリアのメタル仕上げ部分には、従来の「サテン・クロム」と呼ばれるやや光沢の控えめな クロムに加えて、より透明感のある光沢に仕上げたブルー・クロムが用いられている。
市販車はV12エンジンが搭載されているが、試作段階では9LV16エンジンが搭載される計画であった。 しかしながら、オーバースペックという理由で却下され、3機試作されたエンジンは、ロールスロイス社 によってしばらく保管されていた。

その内の1機をミスター・ビーンで有名なローワン・アトキンソンが ロールス・ロイス社に直接交渉し、快諾の上、所有するファントムに載せ換えた。
ホイールベースの短い「SWB」と、ホイールベース延長型の「EWB」という2モデルが存在する。

羽を広げた精霊像「スピリッツ・オブ・エクスタシー」は、ロールス・ロイスのシンボル。
1911年、ロールス・ロイスの広告イラストを手がけた 画家チャールズ・サイクスによってデザインされたのが原型。
インテリアにあしらわれたクロームとレザーとウッドの組み合わせ、 ヘアライン仕上げのスチールボンネットといったクラシカルなアイテムにくわえ、 リアのフードカバーはチーク材のデッキ風にデザインされている。

EXE 車両の魅力
ロングノーズにロングホイールベースと短いフロントオーバーハング。
タイヤ2個分強の全高とサイドシル部分の後ろ下がりのキャラクターライン。
そして高いベルトラインとアーチ状に後ろ下がりになるサイドウィンドウ、太いCピラーも、 すべてファントムに引き継がれる。

そのサイズは、5835×1990×1655mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは3570mmと、 正に小山のような巨体。たとえばメルセデスSクラス 500ロングより600mm以上長く、 100mm以上幅広い。そして高さは4ドアサルーンでありながら、ミニバン並の全高だ。
ホイールベースには軽自動車がすっぽり入り、まだ余裕がある。このサイズとコーチドア(観音開き)は、 ドアを開けるドアマンやドライバーをアシストし、オーナーやゲストの乗り降りのしやすさを助ける。

このサイズ(特にミニバン並の全高)とコーチドア(観音開き)は、 ドアを開けるドアマンやドライバーをアシストし、オーナーやゲストの乗り降りのしやすさを助ける。

EXE 車両の魅力
街でひときわ目を引くスポーツスタイルとセンス。
インテリアもカーボンファイバーとアルカンターラを用いて、スポーティかつ現代的な印象に仕上げられています。
カーボンのクラムシェル型リアパネルを備えた全く新しいライトウェイトスポーツシートを特徴とする完全な2シーターと、ベントレーのクラフトマンの手による最高級のレザーとブライトウェア、 伝統のウッドパネルに代わったカーボン製のパネルが独特の雰囲気を醸し出しています。
ページトップ
Copyright © Executive All Rights Reserved.